VirtualBox の CentOS 6.9 に Guest Additions をインストールする

「Guest Additions」は、元のPC (ホスト) と仮想環境側 (ゲスト) でマウスカーソルを統合したり、クリップボードを共有するなどの機能を提供する VirtualBox 用のツールです。 このページでは、VirtualBox (5.1.22) にある CentOS 6.9 (64bit, デスクトップ版) に Guest Additions をインストールする手順を説明します。

操作手順の概要

操作手順の概要は下記のとおりです。(yum での更新やインストール前の確認作業をスキップしたい場合は、yum -y update kernel など -y をつけてもよいです)

  1. 端末を開いて su - で root にする
  2. yum update kernel で カーネルを更新する
  3. yum install gcc kernel-devel で Guest Additions のインストールに必要な gcc と kernel-devel をインストールする ※
  4. reboot (再起動)
  5. Guest Additionsの CD を挿入し、インストール

※「別のアプリケーションが現在 yum のロックを待っています。終了するまで待っています…」というメッセージがしばらく続く場合があります。

操作手順

1. su - で root にします。

「su -」

2. yum update kernel で カーネルを更新します。(途中で確認メッセージが出る場合は、「y」とします)

「yum update kernel」

3. yum install gcc kernel-devel で Guest Additions のインストールに必要な gcc と kernel-devel をインストールします。(途中で確認メッセージが出る場合は、「y」とします)

「yum install gcc kernel-devel」

4. reboot (再起動) します。

「reboot」

5. (1) VirtualBoxの「デバイス」>「Guest Additions CD イメージの挿入…」を選択します。

「Guest Additions CD イメージの挿入…」

5. (2) 実行確認のダイアログで、「実行する」を選択します。

「実行する」

5. (3) 認証のダイアログで、root のパスワードを入力します。

root のパスワードを入力

5. (4) インストールが行われます。「vboxadd.sh: Starting the VirtualBox Guest Additions.」というメッセージが出れば完了です。

インストール完了

インストール出来ないときの対処

「Failed to set up service vboxadd, please check the log file」(vboxadd サービスのセットアップに失敗しました。ログファイルを確認してください) と表示されてインストール出来ない場合は、下記を確認してください。

  • vi /var/log/vboxadd-install.log でログファイルを開き、「Error: unable to find the sources of you current Linux Kernel. Specify KERN_DIR=<directory> and run Make again.」 (現在のLinuxカーネルのソースが見つかりませんでした。KERN_DIR=<directory>を指定して、再実行してください) という箇所がある場合
    • yum update kernelyum install kernel-devel のどちらかが足りていないかもしれません。2つを行い、reboot してください。(rebootのし忘れの可能性もあります)
  • vi /var/log/vboxadd-install.log でログファイルを開き、「gcc: コマンドが見つかりませんでした」という箇所がある場合
    • yum install gcc が足りていません。yum install gcc を実行してください。

その他

CentOS用の Guest Additions のインストール要件は、下記になっているようです。

  • kernel-devel がインストールされていること
  • kernel と kernel-devel のバージョンが揃っていること
  • gcc, make, perl が使用できること

デスクトップ版を選択した場合には 通常 Make や Perl はインストールされています。

また、CentOS as a Guest OS in VirtualBox - CentOS Wiki (日本語訳) によるとカーネルを更新するたびに Guest Additions の再インストールが必要 (未検証) とのことなので、同じ環境を使い続ける場合は Guest Additions のインストール前に dkms をあらかじめインストールしておいたほうがよいかもしれません。