Adobe Illustrator の操作 (逆引き)

このページは、Illustrator の操作をまとめる予定のページです。

目次

注意

  • このページを作ったひとが備忘のためにまとめているため網羅性はありません。
  • 基本的に Adobe Illustrator CC を対象にしています。

一覧

図形

したいこと 方法
直角三角形をつくる 1. 長方形ツール (M) で正方形を作る
2. アンカーポイントの削除ツール (-) で四隅の1つをクリック
鍵括弧をつくる 1. 長方形ツール (M) で正方形を作る
2. ダイレクト選択ツール (A) で四隅の1つをクリック
3. Delete キーを押す
角度を指定して図形を傾ける (シアー) 1. 図形を選択後、メニューの「オブジェクト」>「変形」>「シアー」を選択
2. 「シアーの角度」で角度を指定して「OK」
正円に近い楕円をつくる 1. 楕円形ツール (L) で正円を作る
2. ダイレクト選択ツール (A) で円の下部などのアンカーをクリック
3. 矢印キーで微調整する
矢じりを作る 1. 多角形ツールで三角形を作る
2. アンカーポイントの追加ツール (Shift++) で三角形の下辺中央にアンカーを追加
3. ダイレクト選択ツールで追加したアンカーを選択
4. 上矢印キーで微調整する
台形を作る 1. 長方形ツール (M) で正方形を作る
2. ダイレクト選択ツール (A) で左上隅の角をクリック
3. 右矢印キーで調整
4. 右隅隅の角も2と同じ操作をし、左矢印キーで調整
図形を角丸にする 1. 図形を選択後、選択ツール (V) で角の付近にある◎をドラッグ
図形を角丸にする (CC 以前) 1. 図形を選択後、メニューの「効果」>「スタイライズ」>「角を丸くする」を選択
2. 半径を設定して「OK」
長方形を反らす (カーブさせる) 1. 長方形ツール (M) で正方形を作る
2. メニューの「効果」>「ワープ」>「アーチ」を選択
3. カーブ率などを設定して「OK」

文字

したいこと 方法
カーニング (手動) 1. カーニングしたい文字の間にカーソルを置く
2. Alt + ← か → キーで調整
アウトライン化 1. アウトライン化したい文字を選択
2. Ctrl + Shift + O を押す (= メニューの「書式」>「アウトラインを作成」)
縁取り 1. 文字を選択
2. アピアランスパネルの左下にある「新規線を追加」を押す
3. アピアランスの上に増えた「線」の色を設定し、パネル上の線の配置が「塗り」の下になるようドラッグ
4. 「塗り」の色を設定
二重縁取り 1. 「縁取り」の操作をする
2. 再度「新規線を追加」を押す
3. 増えた「線」の色を設定、線幅を 2px などもう一つの線より大きく設定
4. パネル上の線の配置がもう一つの線の下になるようドラッグ
文字の二重縁取りの例。パネル上で塗り、線、2つめの大きい線、の順に配置

アートボード

したいこと 方法
アートボードのサイズを選択中のオブジェクトに合わせる 1. 図形などを選択
2. メニューの「オブジェクト」>「アートボード」>「選択オブジェクトに合わせる」を選択

アセット

したいこと 方法
アセットの書き出し 1. 図形などを選択
2. アセットパネルにある「選択範囲から単一のアセットを生成」を押す。
  または、Alt キーを押しながら選択中の図形などをアセットパネルにドラッグ
3. 書き出し設定を変更 (SVG, PNG など)
4. 「書き出し…」ボタンを押す
アセットのサイズを決める 1. 長方形ツール (M) で書き出したいサイズと同じサイズで透明な長方形を作る
2. 1 をアセットに含めて書き出す

スライス

したいこと 方法
選択したオブジェクトでスライスを作成する 1. 図形などを選択
2. メニューの「オブジェクト」>「スライス」>「選択範囲から作成」を選択